2015年4月22日 (水)

参加して頂いた方が車

いろんな事が思い通りに行かず
なんでもっと器用に生きれないのかと
何しててもつまんなくて何も成し遂げてないのに燃え尽き症候群気味。
常にローテンションだった9月の進行状況です。

○漫画
まだスランプ状態ですが
解決の糸口を見つけわずかですが光が見え始めて来ました。
ただひたすら描くのみです。

○クリエイト
相変わらず予定通りには進まず
今月で原型完成させる予定でしたが達成出来ず。
まあ、作りながらアイデア足していってるので
しょうがない事なんですが。
10月中旬までには完成させなければ。

○カフェ会
いろいろありまして結局ひとりでやる事になりました。
参加して頂いた方が車楽しんでまた参加したいと思って頂ける様にがんばります。

10月は京都で開催されるアートダイブを見に行こうかなと考えているので
それまでにはある程度済ませておかないとヤバイ。

それにどうすればこのどうにもならない現状から抜け出せるのか?
やっぱ今は努力するしか無いのかな。

来月は空元気でもいいのでテンション上げて行きます。

2015年2月18日 (水)

車で川へ流す

今日は七夕です。子供のころは笹の葉にいろいろ願い事を書いて川へ流しに

行ったな…。いつのころからか、車で川へ流すと汚れる・・とかで燃やすよう

になって、今度は空気が…とかでゴミに出すようになって・・。七夕も

時代が変わかれば変わるものですねえ。今日、新聞を読んでいて私も

知りませんでしたが、織り姫と彦星って本当は夫婦だったらしい。お互い

仕事があったけど、さぼってばかりだったので天帝が怒って一年に一回しか

会えなくしてしまった。それがいつの間にか、一年に一回しか会えない

かわいそうな恋人同志になってしまったらしい。これも時代ともに

変わっていったんですね。

ちなみに今日は「カルピス」の日だそうで、7月7日にカルピスが初めて

発売されたのだそうです。スーパーに行くと、カルピスの日と銘打って

セールしてました。カルピスの青い水玉模様は天の河の星をイメージして

いるとか・・。カルピスウォーターはよく飲むけど、濃縮タイプのカルピス

久しく飲んでいない。自分でもよく似た味のもを作れるけどチョットめん

どくさくなってきた。カルピスウォーターで我慢しよう。

2014年11月10日 (月)

車のメーカーや

最近は、とにかくシンプルな料理を心掛けています。 私は頑張れば頑張るほど夫に受けが悪いので、極力手をかけない料理を目指している料理下手です(^^; そもそも味覚の相性もあるかもしれませんけれども・・・。 あまり料理得意でないタイプなら、ハードル上げて下がるより、地道に這い上がる方がいいかなと

私は料理苦手です。
そんな私に義姉が結婚祝いに圧力鍋をプレゼントしてくれました。

私の場合、料理が苦手で面倒くさがりだからこそ、圧力鍋は重宝しています。
レシピつきで、分量通りにして時間通りに圧をかければいいだけなので、安心して使っています。
使いこなせているか?と言えばわかりませんが、便利なものを頂いたと思っていますし、お祝いで頂かなければ自分で買わなかっただろうなって思います。

でも他の方も仰っているように、こればかりは相性があるかも。
車のメーカーや大きさによっても使いやすい、使いにくいがありそうですし。

気さくに話せる友人ならば、一度スレ主さんの家に来てもらって圧力鍋を使って貰ってから決めても良いかもしれませんね。

2014年9月16日 (火)

走行距離4000km

朝から晴天、湿気が無いせいか日蔭に入れば心地よい
よっしゃ、今日こそ洗うか!
年末にカーショップで、コーティングをしてもらって以来、9ヶ月振りの洗車
通勤は、もっぱら軽トラックでチンタラ走ってる
(こっちは、少々擦ったキズでも気にせずいられるし何処でも駐車出来るから足代わりに重宝)

12月には5年目を迎える(車体自体、7年)
今度買い替えるならこの車!と決め込んでいたが、当時購入資金も無くフルローンも考えたが、キツすぎるし・・・一旦諦めた
買うなら「新車」これしか頭にはなかったが、ある時「そやっ、質の良い中古車を探したらエエんや」
早速、知り合いの車屋にネットオークションで競り落としてもらうことに・・・
「えーっと、走行距離4000km、色はシルバー、二年落ち、外観もさほどキズなし」
「落として!!」
無事に落せて憧れの車を手に入れることが出来た

それまで乗ってたRV車と異なりシートが低く、パワーステアリングでありながら重く感じる
慣れるまで少し時間がかかった

さて、ボディは以前のRV車とは違い低めで洗い易い
厄介なのはホイール、スポーク状の溝をブラシで擦り落とす
「足元が肝心、タイヤは綺麗にしとけよ!」車好きな先輩に教えられた
タイヤを洗い終えた後、艶だし用のスプレーを吹きかけ終了

近頃になって憧れから愛着に変わり始めた我が愛車であるが、そろそろタイヤの交換のスリップサインが出たので、見積もってもらったところ「ランフラットなら、全部込で10万やね」
ハァ~、エライコッチャ

2014年7月14日 (月)

品野街道

品野街道は大昌山 寶泉寺(ほうせんじ)の裏面から
瀬戸川の南北両岸に沿って、登り下りの一方通行の248号線となっている
南岸側の248号線に出るが、この道は進行方向とは逆の西に向っているので、
一旦,90m近く下流に下って、
橋名表記の無い鉄製欄干を持つ橋を北岸に渡り、瀬戸川沿いを西に向った。
その248号線も300m未満で北に向って蛇行してゆく瀬戸川と離れ、
上り下り線が合体する。
その248号線となっている品野街道はそこから北東に向う。
上り下り線が合体した場所から登り坂となっている品野街道を
700m近く走ると、東側の路肩に地蔵尊と銅板葺の祠があった。


そこはちょっとした空き地になっていて、
その北端に祭祀物や石像物が集まっていたので、
その反対車線の空き地に愛車を乗り入れた。
南向きの祠は竹垣で囲まれており、
入口脇に「津島神社」と刻まれた社号標が立てられている。
ここは五位塚町(ごいづかちょう) だが、品野街道、6社目の天王社となる。
そこで、地蔵尊は津島神社とは別けられて、
竹垣外に品野街道の方(西)を向いて祀られていた。
「五位塚」だが、『地名語源事典』によれば、奈良時代には
官位によってその法人(もとは建物の呼称ではなかった)を
以下のように呼んでいたと言う。

三位以上=家
四・五位=宅
六位以下=館
  庶民=戸

「五位塚」とは文字通り、
五位(貴族)の人物の関る塚が存在した可能性のある地である。
ところで、最低限のスペースしかない津島神社の本殿は
大きな1枚岩の基壇の上に祀られているのだが、
社の中に収められた本殿は定形外の横長の開口部とむくり屋根を持ち、
社とともに紅白に塗り分けられていた(写真左)。
このあたりに神仏習合の牛頭天王の痕跡が感じられるのだが、
社の開口部はアルミサッシでワイヤーの入った厚いガラスがはまっていた。
鍵が掛っていなかったので、開けて撮影させてもらったが、
純白の榊立や燭台(?)が紅塗りの本殿に映えている。
南向きの本殿の左手前には
品野街道に背を向けた「水神・辨財天」板碑が祀られていた(写真中)。
周辺に水路でもあるのかと地図でチェックすると、
なんと、ここは
瀬戸川の支流、紺屋田川(こんやだがわ)の西脇に位置していた。
300mほど下流で品野街道と離れて北に向った瀬戸川は
紺屋田川との合流点から上流では古瀬戸川と呼ばれ、
暗渠となって248号線(品野街道)をくぐって、
東側にある馬ヶ城貯水池から流れ出している。
貯水池に城名が付いているが、馬ヶ城の情報は見当たらない。
ここから270mほど下流で248号線を縫って、東側に現れた紺屋田川は、
ここ津島神社の30mほど上流で40mほどの暗渠となって
ふたたび248号線の地下をくぐり、248号線と付かず離れずしながら、
いっしょに北の上流に向っている。
旧街道が同じ川とたびたび交差していたはずはないから、
品野街道は津島神社北の紺屋田交差点の三叉路から、248号線とは左に別れ、
紺屋田川沿いに北に向い、1kmほど北で
ふたたび248号線に吸収されていたようだ。
そのあたりで水源のはっきりしない紺屋田川は消滅している。
津島神社の前には紺屋田川を渡って五位塚町の住宅街に向う脇道があるので、
その脇道を徒歩で紺屋田川を観に向うと、
品野街道から15m以内に全長5m以内の橋名の無い橋が架かっていた。
橋上から紺屋田川の上流を見下ろすと、
護岸工事のされていない5mほどの深さの谷川で、
水深20cmほどの河床には自然石が散らばり、
両側の土手は低木の灌木で覆われていた。
下流側を橋から見下ろすと、橋のすぐ下流にちょっとした滝があり、
滝の下から8m以上の深さの渓谷が始まっていた(写真右)。
「紺屋田」という河川名は何らかの形で藍染めと関係がありそうだ。

2014年4月 9日 (水)

車での週一の休み

こんばんは(・∀・)


昨日は
「愛宕」→「美女木」→「西日暮里」→「本郷」でした。
まる一日移動な感じです。


愛宕付近の河原が菜の花で埋め尽くされておりました。
黄色の丘exclamation ×2
あのしんどい時期があるから、今がある。


と、思っている。


ブラック企業って呼び名が定着する以前、


朝9時に出社して、深夜12時を回って会社を出るという生活をしていた。

追突事故を三回。


手押し車を轢いたこともある。


居眠り運転しても田舎だから、何とか家についていた。


若いから出来たことだろね。


土日…無かったなぁ。


休んでいいって言われても何したらエエかわからない。


そんな感じ。


それがまずいと思って辞めたあと、飲食業界に入った。


車での週一の休みが嬉しかった。

キレイですほっとした顔

2014年2月15日 (土)

久しぶりに日記とか。

久しぶりに日記とか。久しぶりに日記とか。
今月の頭にワイの念願のダイハツのコペンが納車されました
こいつは以前から乗りたいと思てた車でして、SUZUKIのジムニーと悩んだんですが『おじちゃんになっても格好良く』が決め手になりコペンにしたよ。

兄貴とかには『家族持ちには不経済な車やな』とか言われましたが、以前乗ってたアトレーワゴンカスタムカスタムもそないに家族で乗ることもなく。
家族でお出掛けするときは専ら母ちゃんのダイハツタントカスタムなんで。
外出時はワイは当たり前のようにアルコール摂取やからビールとっくり(おちょこ付き) ここはひとつ趣味に走ったろう…みたいなノリでね。
(せやかてあのアトレーワゴンカスタムカスタムの空間はワイ独りでは広すぎる)

思い返せはば去年の11月半ばに某クルマ買い取り店に8年落ち、走行距離128000のアトレーワゴンカスタムカスタムの査定をしてもらいに行ったのが事の始まり。
『35万円ですねぇ』 『35万円ですか…』
『次はどんな車種をお考えですか?』
『はい。3月くらいまでにダイハツのコペンなんですけど』
『コ、コペンですかexclamation & question
『…はぁ。何か?』
『先週に女の子に赤いコペンを車はね納車したばかりで』
『ほぅ。流行ってますねぇ』
『流行るも何もお客さん。コペンは先程モデルチェンジが発表されまして…。その車がSUV仕様なんてとんでもなく先代のコペンのイメージを覆すデザインの為に中古車のコペンの価格がはね上がってしまいまして、新車価格を上回ってしまってる異常事態なんですよ。加えて4月からの消費税値上げもありまして駆け込みされるお客様もたくさんおられまして』
『はい。確かにあの新型コペンのデザインには目を覆うものがありますね。あれではいかんでみたいな感じです。しかし皆さん考えることは似たようなもんですね。ワイもちゃっかり流行りに乗ってしまってる次第ですか(笑)』
『お客様がお探しなら私が責任持ってお探ししますが』
『まぁ、そんなに今すぐ欲しい訳でもないし。適当に探しておいてくださいな』みたいなやり取りを(お互いに車話に熱が入り桜の花が咲くような熱気ぶりでした)2時間程して中古車屋さんを後にしたのね。
その足で馴染みの車屋さんにアトレーワゴンカスタムカスタムを査定してもらったら『35万円やなぁ』
『さっきも同じ査定額やったからもう少し色付けてぇな』
『いやいや。無理やで。35万円でも高いくらいや』
『ほな、中古のコペン探してくれよ』車はね

2013年12月22日 (日)

車に乗り、丸の内へ

友達と車に乗り、丸の内へ。
きらめくイルミネーションの中、おっさん二人でコットンクラブへ。
案内された席は、ステージから見て左側のカウンター席。
亜弥ちゃんを真横から見る位置だが、見にくさは全くない。
バンドメンバーに続いて、亜弥ちゃん登場~!
髪が肩ぐらいまで伸びていた。
相変わらずスリムだねえ。

セットリストは全部は覚えてないけど、特徴的だったのは、つんく♂氏の曲が1曲も無かった事だ。
最も古い曲が「砂を噛むように…NAMIDA」だったかな。
オイラが好きな「結婚しない二人」「思いあふれて」は嬉しかったし、最もアップテンポな「ブンブンブン」は文字通り上がった!!
いつものバンドメンバーの中でも、この曲ではパーカッションの福ちゃんに見入ってしまう。
本当に色んな楽器を持っていて、鳴らし方も激しく変幻自在。
時には、押すと「ブー」と鳴るブタのおもちゃなんかも使っていた(←楽器?)
竹内まりやさんのアレとか、「部屋とYシャツと私」とか、今年YouTubeで話題になった「ひこうき雲」も歌った。

今日の亜弥ちゃんの歌は完っ璧!!
よくある歌詞間違いも無く、音程は全くズレが無かった。
どう考えてもブランクがあるはずなのに、リハーサル嫌いでお馴染みの亜弥ちゃんなのに、よくあんなに声が出るもんだ。
強いて言えば、歌も演奏も力み過ぎ…うーん、ギリギリOKかな!

一つ前の公演には、℃-uteのメンバーが観に来ていたそうだが、「こんなに自由にしていいんですね…」とドン引きしていた、と。
「これからも、気まぐれに歌っていきますので、忘れないで、暖かく見守って下さい」
いいよ、こういう感じで。
でもね~…2~3年ぐらいの間には、新作を期待したいな。

亜弥ちゃんのカレンダーや写真のセットを買って出た。
あれ~、ディファ有明で見かけた人が何人か…(笑)
いや、正規の活動です!
友達も満足してくれたライブだった。
いやー、始まる前にエロ話してたのが、恥ずかしいね

(^_^;)

2013年3月 4日 (月)

明石市で確実に車を高く売るためのテクニック

明石市で確実に車を高く売るためのテクニック

明石市で確実に車を高く売るためのテクニック  もっと高く買い取りしてもらうなら是非チェックを!


明石市で確実に車を高く売るためのテクニック

皆様こんにちは!
明石市で確実に車を高く売るためのテクニックを紹介します。

まず、私の考える、明石市で車を高く売るためのテクニックでの条件
それは、

・合法である(当たり前ですが)
・リスクがない。無料でできる
・常に車を高く売ることができる
・手間がそんなにかからない、面倒でない

その中で確実に明石市で車を高く売るなら間違いなくこれです。

実際に少しでも車を高く売る方法を知りたいと思って、
明石市の店舗を10店舗から査定をもらい、インターネットでもたくさんのサイトに
無料登録しました。


その中で、本当に良かったものだけを皆様に紹介したいと思います。


明石市で車を高く売ることができる方法その①
カービュー

ハリアー


明石市で車を高く売ることができる方法その②
ズバット
車買取比較

カービュー、ズバットは
優良かつ本当に最強です・・・。

とにかく楽でした。

私は電話が面倒だったので、「メールでのやり取り希望」
と備考欄に書いたので、きた業者さんにメールでやりとりしただけでした。

多くの業者から査定をいただき、一番高かったところに売りました。

カービュー、ズバットの特徴は、同じ!
ネット上であなたの情報を入力すると、明石市内の業者があなたの情報をチェック!
業者側から査定の依頼がきます。
もうひとつ、高く売るためのテクニックとしては
これをどちらとも無料登録することです。
同じサイト内で相場を出すと、買取価格にそれほど差がでない
可能性があります。
2つ登録するだけで、車種によっては20万以上買取価格に差がでることもあります!
(私は今回、トヨタのプリウスを売ったのですが、
本当に差があります。)
確実に車を高く売るためには必須条件です。

明石市の皆様が車を高く売ることができることを願っています。

Copyright(c) 2012
明石市で確実に車を高く売るためのテクニック
  • 明石市 車 買取業者
  • 明石市 車 買取 見積り
  • 明石市  中古車 買取 おすすめ
  • 明石市 車 買取査定

  • 豊島区で車の買い取り査定で確実に買い取り額をUPさせる方法

    豊島区で車の買い取り査定で確実に買い取り額をUPさせる方法

    豊島区で車の買い取り査定で確実に買い取り額をUPさせる方法、公開しちゃいます。


    豊島区で車の買い取り査定で確実に買い取り額をUPさせる方法

    豊島区で車の買い取り査定で確実に買い取り額をUPさせる方法を紹介致します。
    私は現在豊島区に在住の車関係の仕事をしています。
    豊島区にお住まいの方で、車の買い取り査定を希望している方の参考になればと思い、書きました。

    私は、結構お昔から車が好きなんですが、
    年の割には色々な車を乗り継いできたなあと自負しております。

    最近の私のブームは、SUV系ですかね。

    そんなわけで、よく車の買取査定をお願いする機会が多いんです。

    少しでも高く買い取りしてもらいたいと思い、色々な方法で車を売ってきました。

    そんな私が行き着いた、豊島区で車の買い取り査定を確実に買い取り額をUPさせる方法
    皆様に紹介したいと思います。


    豊島区 車の買い取り査定ランキング
     豊島区 車の買い取り査定 NO.1 カービュー

    ハリアー
    豊島区 車の買い取り査定 NO.2 ズバット
    車買取比較

    豊島区で車の買取査定するなら、
    間違いなくカービュー、ズバットが豊島区の買い取り査定でいいでしょう。
    高い買い取り査定をしてくれます。
    このカービュー、ズバットの特徴は、
    手軽に多くの業者から、買い取り査定の見積りがとれるということにあるかなと思います。
    無料で登録するんですが、あなたの車の情報を入力することで、
    豊島区内の買い取り業者から、連絡をくれます。
    そのなかで多くの買い取り査定の見積もりをもらい、
    一番高い査定額を出してくれた業者に売るんです。
    結局、一番大事なのは、たくさんの業者から見積りをもらうということ。
    1社だけでは、その車の相場やら今後の売値動向なんてわかりませんし、
    その情報が確かなことかどうかすらわかりません。
    手軽に多くの見積りを出すことができるので、
    失敗はほぼ0ですね。
    無料ですから、査定だけでももらってみてはいかがでしょう?
    同じ豊島区住まいとして、応援しております!

    Copyright(c) 2013
    豊島区で車の買い取り査定で確実に買い取り額をUPさせる方法
  • 豊島区 中古車 買取 ランキング
  • 豊島区 車 買取 評判
  • 豊島区 中古車 買取 口コミ
  • 豊島区 車 買取 無料査定
  • 豊島区 中古車 高額 買取

  • «和歌山市で車の無料買取査定できる業者一覧